節約旅行と陸マイラー

携帯業界に勤める駆け出し陸マイラー。海外旅行とか携帯とかクレカとか。

【個人手配】イギリスにある「ハリーポッタースタジオ」のチケット予約方法・当日の行き方を解説

f:id:enushi1993:20180921173450j:plainイギリスにあるハリーポッタースタジオを知っていますか?

実際の撮影に使ったセットや役者達の裏話などが聞けるハリポタ好きにはたまらないスタジオです。

ただ、やはり世界中にファンいるハリーポッター。ここに行くには1か月以上前から予約して入場チケットを手に入れる必要があります。※当日券は売っておりません

 

ロンドン旅行に行ったついでに本場のイギリスにあるハリーポッタースタジオを見学したい!

という方向けに「予約の方法」と「当日の公共機関を使った行き方」まで紹介します。

 

ハリーポッタースタジオの訪問した様子はこちらから↓↓

 

スポンサーリンク
 

 

 

チケットの予約に関して

チケットの予約から当日の発券方法まで説明していきます。

 

チケットの予約方法は大きく3種類

チケットの予約方法は下記の3種類あります。

  • バス送迎と入場チケットがセットになったツアーに申し込む 77ポンド(約11,300円)
  • ネットから入場チケットと電車のチケット(Euston駅からWatford Junction駅)をセットで購入する(日本語対応予約のサイト) 70ポンド(約10,300円)
  • ネットから入場チケットだけ購入する(日本語非対応の公式サイト) 41ポンド(約6,000円)

見ていただければわかるように、圧倒的に公式サイトから申し込んだほうが安です。

当日の公共機関(Euston駅からWatford Junction駅までの電車代+Watford Junction駅からスタジオまでのバス代)の往復料金は

  • 電車11ポンド+5ポンド=16ポンド(オフピークの時間帯かつオイスターカード利用時)

のためこれを加味しても57ポンドのため20ポンド(約3,000円)以上お得です。

 

※ロンドンでは電車に「ピーク時間」と「オフピーク時間」が設定されています。

Euston駅からWatford Junction駅までのピーク時間とは平日の16時から19時までの時間をさすため、これ以外でしたらオフピーク時間の値段で購入することが出来ます。

ちなみにピーク時間の値段は往復で17.2ユーロとだいぶお高め。

 

公式サイトからの予約手順

というわけで一番お得な 公式サイトから入場チケットを予約していきましょう。

英語ということで敬遠しがちですが、とっても簡単です。

 

①公式サイトに入って「BUY TICKETS」ボタンを押す

f:id:enushi1993:20180923175319p:plain

 

②「BOOK NOW」ボタンを押す。※2019年の日程で予約したい場合は「2019TICKETS」ボタンを押す

f:id:enushi1993:20180923175620p:plain

 

③年齢に応じて該当のチケットの数を追加していく。

16歳以上ならAdultのチケットが必要です。全て入力し終わったら、ページ下部にスクロールして「SELECT A DATE」を押しましょう

f:id:enushi1993:20180923175920p:plain

 

④予約したい日程と時間帯を決める

「SELECT」を押したら「ADD TO BASKET」ボタンを押しましょう

※9/23現在で11月5日が最短での予約日でした。やはり1.5か月前には予約する必要があるようです。金土日はさらに人気で1月まで予約できませんでした。

f:id:enushi1993:20180923180451p:plain

 

⑤オプションを選択して「ADD TO ORDER」を押す

ちなみにこちらでオーディオガイドの予約をしておくこともできますが、料金は当日借りた場合でも変わりません(4.95ポンド)。

とはいえ、当日は全て出払ってしまう可能性も考えると予め予約しておいたほうが安心かもしれませんね。

※僕は事前予約せず、当日お金を払って借りました。

f:id:enushi1993:20180923181934p:plain

 

⑥チケット受け取り方法を選択

続いて入場チケットの受け取り方法について選びます。

  • Mail (UK Only) → 3.95ポンド
  • Collect at Attraction → 無料
  • Mail (Rest of World) → 6.95ポンド

の3種類から選べます。Mailとはいわゆる郵送のことです。一番上の「Mail (UK Only)」はイギリス在住じゃないとダメなため、選ぶとしたら「Collect at Attraction 」か「Mail (Rest of World)」ですね。

Collect at Attraction とは現地での当日発券のことを指します。特別理由が無い限りこれにしましょう。無料ですしね。

f:id:enushi1993:20180923182700p:plain

 

⑦個人情報の入力

いよいよ個人情報を入力していきます。Postcodeなどいろいろ項目がありますが、チケットを現地受け取り(Collect at Attraction)にする場合、住所などは必要ないので下記の項目を埋めましょう。

  • Delivery Options → Collect at Attraction
  • First Name 
  • Last Name
  • Country
  • Email Address
  • Card Number

f:id:enushi1993:20180923183301p:plain

 

⑧メールで当日チケット発券用のバーコードが届く

支払い完了後、メールでチケット交換用のバーコードが届くのでしっかりと管理しておきましょう。

心配なら印刷もしておくとより良いと思います。 

f:id:enushi1993:20180923184010p:plain↑こんな感じのが届きます。

 

スポンサーリンク
 

 

当日のチケット発券方法

スタジオについたら外に自動発券機があるのでここでチケットを発券しましょう。

f:id:enushi1993:20180923184844j:image人だかりができてるのですぐに分かると思いますよ。

f:id:enushi1993:20180923184829p:imageメールで送られてきたバーコードをスキャンさせて、登録していた苗字を打つだけ。チケットを持って中に入りましょう。

 

当日の行き方

まずは電車で ワトフォードジャンクション(Watford Junction)駅 に向かう

いよいよ当日です。僕はこのようなルートで行きました。

  • 宿泊ホテル→(徒歩) → ユーストン(Euston)駅 → (電車) → ワトフォードジャンクション(Watford Junction)駅 → (バス )→ ハリーポッタースタジオ

※ちなみに宿泊ホテルはロンドンの主要駅である「キングスクロス駅」から徒歩5分の場所にありました。キングスクロス駅近辺のホテルの場合、十分程度で歩いて行ける距離にあります。

 

ユーストン駅から「West Midlands Train」線で向かいます。ちなみに当日乗りたい電車にダッシュで乗ったため写真を撮っておらず。。

f:id:enushi1993:20180923184854j:imageワトフォードジャンクション駅に着きました。


f:id:enushi1993:20180923184851j:imageユーストン駅でオイスターカードをタッチする場所がなかったので無賃乗車として罰金にならないかドキドキしていたのですが、ワトフォードジャンクション駅の改札近くにありました。

 

直通バスに乗り込む

f:id:enushi1993:20180923184903j:image駅を出たところにこんなバス乗り場と行先の電光掲示板がありますが、、


f:id:enushi1993:20180923184839j:image一番手前にあるここの矢印に従って入りましょう。画質が荒くて読めないかもしれませんが「This way for the Harry Potter bus」って書かれています。


f:id:enushi1993:20180923184823j:image待つこと10分ほど。バスがやってきました!しかも嬉しいことにロンドンで有名な2階建てバスです。

 

f:id:enushi1993:20180923184857p:image塗装がハリーポッター仕様です。さすが直行バス。


f:id:enushi1993:20180923184841j:image行きのバスの中で往復チケットを買います。帰りのチケットも兼ねているためのでなくさないように注意が必要です。

支払いはロンドンでは珍しく現金のみ。1人当たり片道2.5ポンドで往復5ポンドです。


f:id:enushi1993:20180923184847j:image2階に乗りましたが、先頭じゃないとイマイチ風景が変わりませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。海外だと個人手配に抵抗がある方もいるかもしれませんが、やり方はご覧の通り非常に簡単。

あとはちょっと挑戦してみるだけで何千円もお得になりますよ。

是非個人手配にチャレンジしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 

 

※実際に訪問した時の様子はこちらから↓↓※個人手配については下記記事でも紹介しております↓↓

※その他関連記事はこちらから↓↓