マラパスクア島への行き方|セブ空港からバスとボートで9時間かけて秘境に向かう

皆さん、セブ島はご存知でしょうか。
日本からは直行便もあり5時間程度で行けるフィリピンの有名なビーチリゾートです。

セブ島旅行3回目となる今回は空港のあるマクタン島やセブ島本当だけでなくマラパスクア島にも行って来ました。

電車はおろか自動車すらないこの小さな島の魅力はなんと言っても綺麗な海。

白くて細かい砂のホワイトサンドビーチ、透き通った海にはコーラルガーデンことサンゴの庭。そして夜空に広がる美しい星空

この世の天国とも言えるマラパスクア島は言うまでもなく最高でした。

唯一の欠点はアクセスの悪さ。でもそれでも行く価値があると断言できるこの島の行き方について紹介します。

スポンサーリンク
 

マラパスクア島の位置

セブ島とマラパスクア島の位置関係は以下の通りです。

セブ島に比べると非常に小さな離島ということが分かると思います。それでは早速行き方について紹介します。

セブ島からマラパスクア島への行き方

インフラが整備されきっていないセブ島。電車がないためバスとボートを乗り継いで下の地図の順番で向かう必要があります。

  1. マクタン・セブ国際空港 (タクシーで「2.ノースバスターミナル」へ:20分ほど)
  2. ノースバスターミナル(バスで「3.マヤ港」へ:6時間ほど)
  3. マヤ港(ボートで「4.マラパスクア島」へ:45分ほど)
  4. マラパスクア島に到着


乗り物だけで合計7時間、待ち時間なども入れると約9時間という驚くべき時間をかけて向かいました。

僕はヨーロッパへも乗り継ぎ便で20時間ほどかけて行くので耐えられましたがはっきり言って超ハード

特に「ノースバスターミナル→マヤ港」へは途中停留所に止まったり、トイレ休憩を挟んだ関係で6時間もかけて向かったため疲れました。。

それぞれの料金は以下の通り。やはり日本に比べてかなり安いですね。バス6時間乗って480円って。。合計でも1,170円でした。

  • タクシー代(マクタン・セブ国際空港→ノースバスターミナル):211ペソ(約440円)/台
  • バス(エアコン付き)代(ノースバスターミナル→マヤ港):230ペソ(約480円)/人  ※エアコンなしの場合200ペソ程度らしい
  • マヤ港→マラパスクア島(バウンティビーチ):大型ボート100ペソ(約210円)/人、小型ボート20ペソ(約40円)/人
補足説明
ノースバスターミナル→マヤ港へはタクシーで行くのもオススメ。タクシーでは3~4時間程度に短縮可能。値段は交渉次第ですが、1台あたり2,500ペソ~3,000ペソ(約5,200円~約6300円)ほど。バスに比べるとかなり割高です。財布と相談して決めてください。

スポンサーリンク
 

当日の様子

①空港からノースバスターミナルまで向かう

まずは空港からマヤ港行きのバスの始発駅であるバスターミナルまで向かいましょう。

ちなみに行き方はタクシーが第一候補。バスもあるようですが、1時間ほどかかりますし、タクシーでも500円かからないのでケチらずに利用しましょう。

空港のタクシー乗り場にある白タクシーと…

黄色タクシー。もし両方あれば白タクシーのほうが安いのでそちらを利用しましょう

②マヤ港行きのバスに乗る

画像が途切れてしまってますが「CEBU NORTH BUS TERMINAL」の看板がでかでかとあるので分かります。

でも入口が分かりづらくこのような金網の空いているスペースから入ります。


ターミナルに入った途端に色んな人から「どこ行きたいの?」と話しかけられます。

MAYA Portと伝えると「こっちこっち」と誘ってくれますが、必ずエアコンの有無を確認しましょう( 強引にスーツケースを引っ張って来ますが渡さないように!)

英語が分からなくでも「in エアーコンディショナー?」と伝えてみれば反応で分かります。笑

このようにずらーっとバスが並んでいます。

この看板があるところを探しましょう。マヤ行き&エアコン付きです。

KAWIT/DAANBANTAYANと書かれた青い看板を目印にしてもよし。


周りのスタッフに聞くとバスの到着まで10分程度とのことなので、飲み物やお菓子を買うことに。

何しろ数時間乗りますからね(この時はせいぜい4時間くらいと思ってました。まさか6時間も乗ることになるとは、、)

このようなベンチでバスを待ちます

ドーナツ屋などもありますが、この売店でお菓子や飲み物が売っています。


待つこと10分ほど 。エアコン付きのマヤ港行きバスが到着しました。
…が、ある程度人数が集まるまで出発しませんのでまだしばし待機です。

とはいえ、同じようにマラパスクア島に行きたい人はいるので15分ほど待ってほぼ満員となって出発しました。

バスの中はこんな感じ。いたって普通のバスです。これで6時間は相当しんどいです。

なお、南国あるあるの「エアコン効きすぎてむしろ寒い」ということはなく、暑くも寒くもない適温のエアコン設定となっていました。

バス代の料金回収について

バス代の回収は全員集まってから行います。なおカードは使えず現金のみなのでご注意を。ちなみにスーツケース分の追加料金などはないです。ご参考までに

トイレ休憩は2回ありますが2つの点に注意してください。

  1. トイレ代は5ペソかかる(現金支払いのみ)
  2. 休憩時間が告げられない、全員乗っているかの確認もなしに出発する(売店で色々売っているのですがトイレだけ行ったらすぐに乗りましょう)

スポンサーリンク
 

③マヤ港到着|乗り合いのボートでマラパスクア島へ

マヤ港にようやく到着しました。朝の8:30に出発したにも関わらず、ここに着いたのは14:30!ここまでくればあと一歩です。

「Welcome “New” Port」の文字が。

実はマヤ港は2つあるらしく、間違って古いマヤ港に行くと、人が集まらずマラパスクア島行きのボートが中々でないor追加料金が必要だとか。

バスで来る分には特に意識しなくていいですがタクシーで行く際には必ず「New Maya Port」 と言いましょう。

ここで名前を書くように求められて書いていたのですが、どうやらここはチャーター船の列のよう。乗り合いのボートに乗るにはこの奥の道に進みましょう。

このような小屋の中で待ちます。

名前・年齢・性別・国籍を記入します。料金は100ペソ。ボートに乗っているときに支払います

待つこと30分。
大型ボート(定員20名ほど)に乗り込みます。スーツケースを持ちながら乗り込むのが不安なら20ペソ支払うことでスタッフにお願いできます。

大型ボートで45分ほどで到着。大型ボートでは浜辺まで行けないので、上陸用の小型ボート(20ペソ)に乗り込みます。


そしてようやくマラパスクア島に到着~。時間は何と15:50とすでに夕方に。笑
長かった。。

到着ビーチは2択
マヤ港からマラパスクア島に行く際には「Logon Beach」もしくは「Bounty Beach」に到着するようですが、僕は到着地、帰りの出発地とも「Bounty Beach」でした。

空港からマラパスクア島までの時系列

最後に空港からマラパスクア島までの時系列を紹介します(所要時間8時間50分)

  • 07:00(空港からノースバスターミナル行きのタクシー出発)
  • 07:20(ノースバスターミナルに到着)
  • 08:30(ノースバスターミナルからマヤ行きのバス出発)
  • 10:20(トイレ休憩1回目)
  • 13:30(トイレ休憩2回目)
  • 14:30(マヤ港到着)
  • 15:05(マヤ港出発)
  • 15:45(大型ボートから小型ボートに乗り換え)
  • 15:50(マラパスクア島に到着)



まとめ

いやー行くまでが本当に大変なマラパスクア島。以下がポイントです。

  • 空港からマラパスクア島までバスを使うと9時間かかる
  • バスじゃなくてタクシーで行けば2~3時間の短縮が可能
  • バスで行くならばエアコン付きが必須
  • バスのトイレ休憩は現金5ペソ用意を。そして用を済ませたらすぐにバスに戻ること
  • タクシーで行くならば運転手に「New Maya port」と伝えること

と行ったところでしょうか。

所要時間の8時間50分は東京~ハワイに行く際の飛行時間と大体同じです。もはやこれだけで海外旅行です。

でも!そんなに大変でも!行って本当に良かったと言えるマラパスクア島。次回から旅行記を紹介します。 最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク